成果物Deliverables

PVTEC 太陽光発電技術研究組合 未来を切り開く太陽光発電

成果報告書 Category

PV 基準認証事業 最終報告書

太陽光発電システムの急速な市場拡大と国際価格競争の激化に伴う粗製乱造、及びそ の結果懸念される利用者の経済損失を低減するため、長寿命が要求される製品を短時間 で加速評価できる手法を確立し、市場に流通する粗悪なモジュールと高信頼モジュール のふるい分けを可能とすることを目的として、2011~2013 年度に経済産業省の補助事業として実施した。
1. はじめに – 背景と事業の概要
1.1 背景
1.2 事業の概要
2. 全体計画
2.1 役割分担
2.2 使用した試験設備と仕様
2.3 試験モジュール市場買い上げ
3. IEC 61215 及び IEC 61646 準拠の市販品大量試験
3.1 IEC 規格延長試験(DHx3,TCx3)(UL 外注分を含む)
4. モジュール各種信頼性評価のための試験
4.1 塩害試験(IEC 61701 Ed.2 の検証)
4.2 アンモニアガス腐食試験(IEC 62716 Ed.1(CD)の検証)
4.3 PID 試験(82/685/NP)
4.4 機械的ストレスによる劣化判定基準の検証(82/676/NP の 検証)
4.5 DH/TC ショートターム拡張試験(佐賀県担当)
4.6 DML(Dynamic Mechanical Load)+TC200(温度サイ クル 200 サイクル)試験の実施
5. 試験後劣化モジュール解析
5.1 IEC 規格延長試験における劣化モジュール解析
5.2 PID 試験における劣化モジュール解析
5.3 拡張試験における劣化モジュールの解析
6. 国際標準化の取り組み
6.1 国際 PV モジュール基準認証信頼性フォーラム(QA フォ ーラム)組織化の経緯と国際ミーティング
6.2 QA タスクグループの IEC 標準化への取り組み
6.3 国内タスクグループ
6.4 太陽電池モジュール国際基準認証信頼性フォーラム
7. まとめ
2014 年 7 月 31 日

PVTEC 太陽光発電技術研究組合

〒105-0001
東京都港区虎ノ門1-13-3 
虎ノ門東洋共同ビル

pagetop